急なお悔みに 弔電を送れる通販会社を比較形式でご紹介

弔電の電報を送るときに比較をすること

弔電の電報を送らなければならないときには、文書や台紙を選んで行う必要があります。そして、送る相手によってはとても親しくしていた人には、特に気を配って送ることが必要です。基本的には、お葬式やお悔みなどの時にはあまり派手にならないように考えて送ることがポイントです。

そして、電報を扱っている業者は色々とありますので、料金や台紙の種類などを選ぶことになります。そして、弔電の相場としては3000円程になっているので、その点も考慮して選ぶ必要があります。そして、基本的な料金に関しては、台紙と文字数などによって変わってきます。

台紙を無料としているところもありますが、有料の所もあります。しかし、そこだけで選ぶのではなく、メッセージの文字数によっても料金が変わるのでその点も考慮して決めることがポイントです。台紙に関しては、台紙だけも可能ですが、ドライフラワーなどもプラスさせることができるので、その点も考慮して選ぶとより気持ちを込めて送ることができます。

ほっと電報

総合評価 ★★★★★
掲載情報量 ★★★★
満足度 ★★★★★
使いやすさ ★★★★★
サービス内容 ★★★★
公式サイトはコチラから

ほっと電報は、祝電や弔電などの電報サービスを専門とする会社です。祝電や弔電を送りたいとき、どこの会社を選択するか迷います。ほっと電報の良さは、急なお悔やみにも対応できるよう、14時までの注文で即日対応が可能です。

おすすめは、高品質の台紙です。台紙の種類も100種類以上のため、用途にぴったりのものが見つかるでしょう。高品質の台紙はお悔やみ用にもぴったりです。止むを得ず通夜に参列できなくても気持ちが伝わるでしょう。

お祝い用にも、ブリザーブドフラワーやバルーン、ぬいぐるみなど、豊富にあります。ぬいぐるみは、結婚式用に、男女のぬいぐるみも人気です。インターネットから申し込めるので、24時間受付可能なことも便利です。

ハート電報

総合評価 ★★★★
掲載情報量 ★★★
満足度 ★★★
使いやすさ ★★★★★
サービス内容 ★★★★★
公式サイトはコチラから

ハート電報は、弔電や電報を扱うサービスです。種類も豊富で用途に合わせて選択できます。例えば、ウエディングには、ぬいぐるみや花束を装った電報があります。キャラクターのマスコットは、和装に扮装したものもあり人気です。

決算は、選択ができます。クレジットカード払いの他、スマートフォン決算、後払いもあるので安心して利用できます。インターネットサイトでは、シーン別、商品タイプ別で選べるので、希望のものが探しやすく便利です。

結婚式やお悔やみ以外での利用方法も増えています。誕生日や記念日、ビジネスでも使用しています。贈り物にはギフトカタログと一緒に送る人もいます。ビジネスでは、社長から新入社員に台紙にメッセージを入れて送る人もいます。サイトには、文例も載っているので参考になるでしょう。

でんぽっぽ

総合評価 ★★★★
掲載情報量 ★★★
満足度 ★★★★
使いやすさ ★★★
サービス内容 ★★★★★
公式サイトはコチラから

訃報は突然入ることが多いため、お通夜や告別式の時間を確認したら、すぐに弔電の手配をする必要があります。信頼できる評判の高いお店を選びたい人は、でんぽっぽの電報を利用すると便利です。故人への哀悼を伝えるための文面が揃っています。

でんぽっぽの弔電は、紺や藍色、紫などの落ち着いた高貴な色合いを使用した台紙を使用しており、菊や白百合、桔梗などの花をモチーフにした商品が揃っているので、こちらの気持ちをきちんと伝えたい人にぴったりです。

弔電はお通夜や告別式が始まる1時間から、2時間前までには届くようにしておくのが、大切なマナーになっています。でんぽっぽでは、インターネットを利用して申し込みができますし、最短で即日に電報を届けてくれるので、迅速で丁寧な応対が特徴です。

ForDenpo

総合評価 ★★★
掲載情報量 ★★★★
満足度 ★★★
使いやすさ ★★★★★
サービス内容 ★★★★★
公式サイトはコチラから

ForDenpoは祝電、弔電を電報の形として送るサービスを送り届けます。オリジナリティのある文章を送るために、送られる側としてとても印象が残ります。想いやセンスを送り、受け取る方には嬉しい、真心を感じさせます。

電報として総務省認可で安心の電報サービスであるため、他社と比べ、安心感が得られます。申込みもとても簡単であり、24時間、約7分程度で終わらせることができます。商品にメッセージ料金も含まれているために明確で安心です。

書体選択も課金がないために、弔電の際には自分がこの書体で送りたいと感じた時には変更も可能です。オリジナルの文例が豊富であるため、自分ではなかなか検討もつかない文章に関しても参考になります。20通までまとめて申し込めるのも便利なサービスとも言えます。

e-denpo

総合評価 ★★★★
掲載情報量 ★★★★★
満足度 ★★★★★
使いやすさ ★★★★
サービス内容 ★★★★★
公式サイトはコチラから

e-denpoでは本来掛かっていた電報代金を3分の1の料金にて利用することができるため費用を抑えることができます。祝電や弔電などの信書は郵便公社または許可を受けた民間業者のみが配達することができるため、安心・信用して依頼することができます。

文字数は463文字まで同一料金で送ることができ、文字数が多くなってしまっても安心して友人や大切な人、お世話になった人にまるで手紙感覚にて手軽に電報を贈ることが可能です。さまざまなシーンに対応したオリジナルの台紙を選ぶことができるだけでなく、フォトフレームやブックカバーなどにも利用できる台紙も選ぶことができます。

提携式場だけでなく全国各地にメッセージを送ることができe-denpoではオンラインによる配達で24時間受付で最短120分後のお届けすることが可能です。弔電で利用するときには低価格の台紙を利用できるだけでなく、台紙を帛紗として利用したり、伊万里焼が組み込まれた受け取った後も活用できる電報や生花配送も行うことができます。台紙のみの商品の場合には当日申し込みで当日配送をすることも可能です。

ベリーカード

総合評価 ★★★
掲載情報量 ★★★★
満足度 ★★★
使いやすさ ★★★
サービス内容 ★★★
公式サイトはコチラから

ベリーカードは電報において様々なデザイン、メッセージを送る側に感動や温かみのあるメッセージをお届けします。弔電においてはお遺族に方に対して、葬儀や告別式に参列できない場合にはお悔やみ電報としてお届けします。

お悔やみ電報を送る際には送るタイミングもあります。葬儀や告別式で読み上げがされるために、遅くとも式の前までには届くように送るのがマナーと言えます。そのタイミングの際にもコンテンツ上でアドバイスとして記載しております。

弔電に関しては様々なデザインを提供しており、黒塗りの本漆と蒔絵が重厚感を与えるものもご用意しております。大事な人だったからこそ、大事に送りたい方への想いとして送ることができます。送られる側としては感謝として受け取ることができます。

葬儀への列席が叶わない場合には弔電を送りましょう

突然の訃報に、やむを得ない事情で列席が難しい場合には、弔電でお悔やみの気持ちを伝えましょう。
弔電は、お通夜や葬儀・告別式が執り行われる場所に宛てて送ります。自宅で執り行われる場合には喪家へ、斎場で執り行われる場合には直接斎場に送りましょう。
電報の申し込みは訃報を受けたら出来るだけ急ぎ、急でお通夜には間に合わない場合でも、遅くても告別式の数時間前には届くように手配をします。
宛名の書き方は、喪主の氏名を記載します。特に斎場では、複数の葬儀が同日に行われている場合も多く、取り違えを防ぐためにもフルネームで書くことを注意しましょう。
差出人名は、遺族の方に分かりやすく書くことが大事です。フルネームで書くほかにも、故人との関係が分かるように横に一言書き添えると親切です。
悲しみの中ではありますが、故人へのお悔やみの気持ちや遺族への労りの心が伝わるメッセージを送りましょう。


都合がつかなくてもすぐにお悔やみを表せる弔電

インターネットが発達した現在では、電報というと時代遅れだと感じる人も多いかもしれません。
しかし、今でも電報は様々な場面で利用されています。さらに、紙の台紙だけではなく、お花など工夫を凝らしたものもたくさんあります。
親戚や友人、知人などが亡くなった知らせを受けたときに、すぐにお悔やみに行くことができるとは限りません。そんなときにお悔やみの気持ちをすぐに表すことができるのが弔電です。
自宅宛てでももちろんかまいませんが、葬儀の日程が決まっている場合などは葬儀の会場宛てでも送ることができます。電話の申し込みだと時間に限りがありますが、今はインターネットで24時間申し込めます。
葬儀の細かい時間がわかっていれば、葬儀は始まる前に着くように心配りをすることも可能です。電文の文例もありますが、それだけではなく、少し工夫して自分の言葉も添えると良いでしょう。


弔電はインターネットで申し込めます

親族や友人、知人など、大切な人の訃報が届いたけれど、どうしてもお葬式や告別式に参列するのが難しい場合は、弔電を送ってお悔やみの気持ちを伝えましょう。
現在、インターネットを利用することで、24時間いつでも好きなタイミングで電報を申し込むことができます。もちろん、オンライン上で弔電も申し込むことが可能です。
美しく上品なデザインの台紙が種類豊富に揃っていますので、心を込めて選んでみましょう。お悔やみの文例もホームページにたくさん掲載されていますので、自分の気持ちに近いメッセージを選ぶことができます。
そのため、初めて電報を送る人も安心して利用できると評判です。
ちなみに、お線香を添えて弔電を送るサービスを提供している業者さんもあります。電報とお線香を一緒に送ることで、よりしっかりとお悔やみに気持ちを届けることができますので、知っているともしものときに役立ちます。

カテゴリー

PAGE TOP